マイルを貯める

セブンペイ(7pay)は電子マネーのnanacoの代わりになるのか

きら
きら
今回は、
さっそくセブンに行きたいぶりっこさん
さっそくセブンに行きたいぶりっこさん
「電子マネーのnanacoが7月からポイントが半分しか貯まらなくなるって聞いてガッカリしていたのだけど、そのあとに7payのキャンペーンが始まるよって聞いて、もしかしてこれって代わりになるのかしら?」
きら
きら
そんな相談にお答えします!

2019年前半はスマホを使った新しいバーコード決済が電子マネーに変わって台頭し人気が爆発し始めました。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを運営するセブン&アイグループも独自のコード決済「7pay」をサービス開始することになったり、既存の電子マネーのサービスを改悪させたりとかなり動きがあります。

今回は、電子マネーのnanacoのかわりに7payって使えるのか?、または使ったほうがいいのか?、を説明していきたいと思っています。

【悲報】電子マネーnanacoの改悪ニュース

電子マネーnanacoの改悪ニュースが、セブン好きな陸マイラーを激震させました。

⇒詳細はこちら

電子マネーのnanaco201971日より、これまで100円あたり1 nanacoポイントが貯まっていたのが、

  • 200円(税抜)ごとに1nanacoポイントの獲得。
  • 200円未満のお支払いではポイントはたまりません。

へ、改悪となってしまいました。

これまでジュース1本買っても貯まっていたnanacoポイントが、2本買わないといけなくなるなど購入方法も注意すべき内容になってしまいました。

今回のニュースによってnanacoユーザーの私は超がっかりしました。使えへんなと・・・

セブンペイ(7pay)について

セブンペイはセブン&アイグループがお客様の利便性向上とグループアプリの利用向上を目的に7月1日よりサービスが開始される予定です。

スマホのセブンイレブンアプリを使って2タッチでバーコード決済をできるようになります。

なお、合わせての情報ととなりますが、同タイミングにて『PayPay』、『メルペイ』、『LINEPay』、『アリペイ(Alipay)』、『WeChatPay(微信支付)』の合計5社のバーコード決済サービスを利用開始できます。

セブンイレブンは遅ればせながらかなり気合いをいれてきましたね。

スマホ決済など新たな決済方法で支払いができるというのはユーザーには便利かもしれませんが、セブンのおじちゃん、おばちゃんたちは大丈夫なのかなとちょっと心配ですね。

7payと電子マネーnanacoの違いについて

チャージ方法

7payのチャージ方法は、

  • 店頭レジ
  • セブン銀行ATM
  • 各種クレジットカード

からいつでもチャージができるようになっています。

一方、電子マネーのnanacoのチャージ方法は、

  • 店頭レジ
  • セブン銀行ATM
  • 各種クレジットカード
  • nanacoギフト
  • nanacoポイントを交換

となっています。ほぼほぼ、同じ方法になります。

ポイント付与

一番気になる7/1からのポイント付与は以下のとおりです。

電子マネーのnanacoは、

  • お支払いで200円(税抜き)あたり1ポイント
  • nanacoへのクレジットカードチャージによって200円あたり1ポイント

7payは、

  • お支払いで200円(税抜き)あたり1ポイント:2019年7月1日よりずっと
  • さらに200円(税抜き)あたり1ポイント:2019年7月1日〜2019年10月31日まで
  • さらに200円(税抜き)あたり1セブンマイル(=1nanacoポイント):2019年9月1日よりずっと

一番ポイント付与の高いときは還元率1.5%となり、200円で3nanacoポイント貯まることになります。ただその時期は、2019年9月1日から2019年10月31日までの実質2ヶ月間です。

また、7payで少しわかりにくいのが、「1セブンマイル」ってなんだよというところ。

実質、1セブンマイル=1nanacoポイントですが、交換は50セブンマイル単位でのnanacoへの交換が必要となっています。

その他

その他の違いについて簡単に紹介していきます。

  • 電子マネーのnanacoはnanacoカードまたはnanacoモバイル(Androidのみ)を使って支払いをしますが、7payはスマホを使ったバーコード支払いとなっています。
  • ポイントの付与が支払い直後から後日付与になります。(詳細は未発表)

7payは電子マネーnanacoの代わりになるか

セブンイレブンアプリにひもづけている今利用中のnanacoにポイントが貯まりますので、単純に代わりはできます!

紐づけていない場合はnanacoネットポイントが貯まります。

イトーヨーカドーなどネットでたまるnanacoポイントになりますが、ひもづけていないとnanacoネットポイントからnanacoポイントへアプリを利用して変更のための引き継ぎが必要となりますので面倒なので必ずひもづけてください。

7payは電子マネーnanacoを超えられるか

一方、nanacoを超えられるのかというと、現在発表になっている内容では、まったくもって超えられません・・・

例えば獲得ポイントの違いを比較してみましょう。

前提条件

  • セブンカードプラスを使って電子マネーnanacoに10,000円をチャージ(200円あたり1ポイント獲得)
  • セブンカードプラスを使って7payに10,000円をチャージ
  • セブンイレブンで1000円(税抜)の商品を購入。1080円(税込)

電子マネーnanacoの場合

  • チャージで貯まるポイントは50ポイント(50=10,000/200)
  • 1080円(税込)の商品支払いで5ポイント
  • 合計55ポイント

7payの場合(2019/7/1〜2019/8/30)

  • チャージで貯まるポイントは0ポイント(チャージでポイント還元は未発表)
  • 1080円(税込)の商品支払いで5ポイント
  • 合計5ポイント

7payの場合(2019/9/1〜2019/10/31)

  • チャージで貯まるポイントは0ポイント(チャージでポイント還元は未発表)
  • 1080円(税込)の商品支払いで15ポイント
  • 合計15ポイント

7payの場合(2019/11/1〜)

  • チャージで貯まるポイントは0ポイント(チャージでポイント還元は未発表)
  • 1080円(税込)の商品支払いで10ポイント
  • 合計10ポイント

まとめ

電子マネーnanacoと7payを比較する際、現在発表になっている内容からすると、チャージにポイント還元がないため7payはポイントが思ったほど貯まりません。

電子マネーnanacoの圧倒的勝利です。

もちろんレジなどで現金チャージ派の人であれば、2019年9月1日以降であれば、7payのほうがポイントが2倍たまります。

少し残念な点を説明すると、

7payは前述しましたがポイント付与が後日になることも発表されています。これまで即時反映されてレシートを見てニヤッと笑ったりしていましたがそれもできません・・・

7payも電子マネーのnanacoも200円未満では全くポイントが貯まりません。

少し良い点を説明すると、

これまでiphoneユーザーは、nanacoカードを持つ以外方法はありませんでしたが、7payによってiphoneを使って決済することが可能になりました。

スマホ決済命の方にはいいかもです。

セブン&アイグループの方達にはもう少しポイント貯める人の気持ちになってほしいというコメントを出したくなる結果となりました。