ハワイ

唯一とれる羽田空港出発のANAハワイ便の特典ビジネスクラス(2名分)を発券!!

きら
きら
今回は、
羽田が近くて大好きANA(アンナ)さん
羽田が近くて大好きANA(アンナ)さん
「ANAの特典ビジネスをとってハワイに行きたいのですけど、ビジネスクラスって取れるの?」
きら
きら
そんな相談にお答えします!

最初に答えからお伝えしますが、羽田国際空港からハワイ・ホノルルまでのANA特典ビジネスクラス(2名分)を予約できました。

狙って羽田からハワイの特典ビジネスをおさえることができています。

ビジネス往復で必要なマイル数は閑散期で往復6万マイル、通常期で6万5000マイル、繁忙期で6万8000マイルとなっていますが、おかげさまで今回は2人分の特典予約ができました。

羽田空港出発のビジネスクラス利用ですのでANAラウンジを利用してゆっくり深夜便で出発するながれとなります。

また、到着はお昼前になりますので滞在ホテルのアーリーチェックイン調整もいらずになります。

ANAハワイ便の特典ビジネスを発券するために貯めたマイルは20万マイル超え

ANAマイルを貯めてフライング・ホヌのファーストクラス特典航空券を発券!!

こちらの記事でも触れていますが、これまで獲得したマイルは20万マイルを超えています。

往路をファーストクラスまたはビジネスクラスで行くハワイ旅行が可能となりました。

ちなみに特典ファーストと特典ビジネスを取った理由を簡単に説明します。

特にANAの上級会員ではありません。(まだその良さに気づいていない)そのため、どうやっても2人までしか特典ビジネスをとることができません。

どの程度ルールが厳格かはわかってはいませんが、特典航空券の獲得に様々チャレンジをしてみても、上級会員ではない私は3人以上で特典ビジネスが取れる画面を見ることができませんでした。

そこで思いついたのが、飛行機をそれぞれ別れて乗る方法です。

このアイデアがうまくいけば、20万マイルもあると上級の国際特典航空券を柔軟にとることができます。

夢のハワイ行き国際特典航空券を発券

往路:特典ビジネスと復路:特典プレミアムエコノミー

今回国際特典航空券の予約をするにあたり一週間以上シミュレーションを行ってきました。

シミュレーションの結果、今回のチケットの組み合わせが一番取りやすかったと思います。

往路は羽田国際空港からハワイのダニエル・K・イノウエ空港行きの特典ビジネスです。機種はボーイング787-9を予定しています。

復路はハワイのダニエル・K・イノウエ空港から成田空港行きの特典プレミアムエコノミーです。帰国便はもちろんエアバスA380のフライングホヌに搭乗予定です。

国際特典航空券の支払いはいくら?

今回往路がビジネスで復路がプレミアムエコノミーの2人分のチケットとなるため合計で118,000マイルを使用しました。

別支払いとして税金・料金合計で36,880円となりました。

2人の航空券が4万円を切るというのが本当にうれしいですよね。

さらにビジネスやプレエコなので付加価値もたくさんついてきます。

特典ビジネスや特典プレエコは座席指定できるの?

国際特典航空券を使っても座席は指定することが可能です。

往路の特典ビジネスの座席は、向かって左側の窓際をとりたかったため5A、7Aとしました。

復路の特典プレエコの座席は、同様に左がわの窓際をとりたかったので21A、21Cとしました。

ビジネスクラスのうれしいサービスとは?

ビジネス専用チェックインカウンター

ビジネスクラスはビジネスチェックインカウンターを利用できます。

そういえば ANA VISAワイドゴールドカードを持っているので、いつもビジネスチェックインカウンター利用特典を使っていました。

ですので今回はそんな驚きはないかもしれません。

羽田空港の2つのANA LOUNGE

羽田国際空港にはビジネスやプレミアムエコノミー向けのANAラウンジが2つあります。

2つのANAラウンジともに出国審査後の場所にあります。

いずれも4階にあるのですが、向かって左側にあるのがゲート114近くにあるANAラウンジで、右側にあるのがゲート110近くにあるANAラウンジになります。

どちらがおすすめなのかというと混み具合よりますが、もし空いているのであればゲート110近くのほうが広くていいと思います。

一方、広いことによりめっちゃ混んでいることが予想されます。

そのため混んでたら114のほうへ移動するというのがいいと思います。

食事やサービス内容は同じなので、混んでいるかで判断すればいいと思います。

また、混んでいる部分について食事だけでなく、シャワーの混み具合も確認するといいでしょう。

受付ついたら空いているかまず聞いてみましょう。

ビジネスクラスの座席と機内サービス

ANAのB787-9ビジネスクラスのシートはフルフラットになっています。

このシートは倒しても後ろの席の人には全く影響がない作りになっていますのでいいですよね。

食事は洋食または和食を選択することができます。これもまた楽しみですよね。

ただ、深夜便なので食欲がわかないかもしれません・・・。アラカルトの食事も楽しみにするのもいいですね。

おまけ

spgアメックスカードを持っているとお金をかけずにハワイ旅行をするためのお得がぎっしりつまっています。

普通クレジットカードの売り文句は一つなのですが、このカードだけは、マイルも貯めやすく、ホテルの上級会員に自動でなったり、無料で特典宿泊できたりとお得が2倍以上となっています。

⇒詳細はこちら