マイルを貯める

マイルを貯めるANAキッズ【はじめてのポイ活】

キッズのANAマイルを貯める話をしていきたいと思います。

大の大人が楽しめる「陸マイラー活動」(飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができる活動)ですので小さい頃から趣味としてやっていったらどんなスーパーな人になれるか楽しみですよね。

ポイ活実績紹介

ANAマイル

Google検索をうまく活用して年間で20万マイルほど貯めることができました。やっぱり陸マイラーのみなさんのおすすめ情報はありがたいかぎりですね。

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントは2万ポイント程貯めることができました。こちらももっとのばしていきたいとは考えてはいます。

ただ楽天スーパーポイントを一部、楽天証券で運用していたりしますのでこのあたりが定常的な推移になると思います。

自称陸マイラーと思いながら、ポイントをマイル交換ではなく、投資しちゃうなどまだまだなりきれていない部分もあります。ただ、こういう工夫をするって楽しいなと思っていることもありポイントの一部はこのまま続けていこうと思っています。

nanaco

nanacoは一番経験が浅い半年程度ですが1万ポイントほどためることができました。半分は既にANAマイルへ交換済みです。このあとどの程度増えていくか見ていきたいとは思っていますが、マイル還元率を低くするというニュースも出ているためあとその日になるまで続けていきたいと思っています。

その他ポイ活になるものはたくさん行なっていますが、小さく貯まっているだけです。

子供でもANAマイルを貯める方法

ANAマイレージクラブ会員

まず最初にするのが、ANAマイレージクラブ会員への登録になります。完全無料ですし、0歳から登録可能ですのですぐにでもやっていきましょう。ご両親が代行しても問題はありません。

⇒入会はこちら

ANAマイレージクラブ会員となってANAマイルを貯めるにはANAの飛行機に搭乗することです。以外と忘れてはいけないのは、きっちり小児運賃で座席をとれば大人と同じだけマイルは付与されます。

それともうひとつANAカードファミリーマイルにキッズを登録するのもよい方法と思います。ファミリー会員に登録できればマイルを共有したり利用しあえたりします。

ANAカードファミリーマイルに登録するには、まず中心となるプライム会員(親会員)がANAのクレジットカードを保持している必要性があります。プライム会員と既になっているのであればファミリー会員(子会員)としてキッズを即登録するのがよいでしょう。

ただ、一つだけ覚えておくべき条件があって、キッズが18歳(高校生除く)になったらANAカードを発行する必要性が出てきます。ANAカードを発行することでANAカードファミリーマイルを継続できます。ANAカードを発行しない場合、自動退会となってしまいますのでご注意ください。

18才になったときクレジットカード持ちたくないんだけど年会費無料だったらいいかという人向けに5年間年会費が無料になるANA JCBカードZEROというクレジットカードが申請できます。最大18600マイルを獲得できるキャンペーンもあるため応じて検討しましょう。

⇒詳細はこちら

AMCアプリ利用

AMCアプリを利用するとANAマイルではなくANAスカイコインを毎日獲得するチャンスがあります。ANAスカイコインはANAマイルと同様価値の高いコインです。

毎日獲得するチャンスですが、これは1日に1回、AMCアプリ利用者がガチャをひけるキャンペーンを行なっています。外れる日もありますが、5コイン(5円)が連続で当たる日もありますので、もしキッズ用にAMCアプリを入れれる端末があったらやってみましょう。楽しいですよ。スペシャルガチャが出てくるときもあって最高30000ポイントとかになるのでどきどきして面白いです。

ANAプリペイドカード利用

キッズがANAマイレージクラブ会員になった場合、飛行機搭乗にてANAマイルを獲得することができますが、普段なかなかANAマイルを貯めることができません。普段もANAマイルを直接貯めたいなと思っている方達向けにANAよりプリペイドカードが発行されています。

チャージ限定型

ANAプリペイドカード(チャージ限定型)は13才以上であれば使用することが可能です。手数料として計640円(発行200円、発送440円)が必要なのですが、なんと現在、手数料無料のキャンペーンを実施中です。名前も入って記念にもなりますね。

申し込みとチャージは、ANAカードを持つキッズの両親となります。なお限定型のプリペイドカードへのチャージはクレジットカードのみとなっています。500円から30万円まで可能です。

獲得マイルですが、1000円あたり5マイル獲得となっています。ANA一般カードのマイル還元率と全く変わりません。

⇒詳細はこちら

オールチャージ型

ANAプリペイドカード(オールチャージ型)は15才以上であれば使用することが可能です。手数料として計640円(発行200円、発送440円)が必要なのですが、なんとこちらも現在、手数料無料のキャンペーンを実施中です。

申し込みとチャージは、本人が実施できます。なおオールチャージ型のプリペイドカードへのチャージはクレジットカード、インターネットバンキング、銀行振込、ATM、コンビニからとなっています。500円から30万円まで可能です。

獲得マイルですが、1000円あたり5マイル獲得となっています。こちらもANA一般カードのマイル還元率と全く変わりません。

⇒詳細はこちら

プリペイドカードの申し込み方法

プリペイドカードの申し込み方法について説明していきます。

  • 希望の型のプリペイドカードの「⇒詳細はこちら」をタップして、「今すぐ申し込む」のボタンをタップしてください。
  • メールアドレスを入力して「規約に同意して申し込む」をタップしてください。
  • メールアプリを起動して受信メールを確認してください。

 

  • 本登録URLから申し込み画面を開いてください。
  • お好きな会員ID、パスワード、住所、電話を入力して、すでにANAマイレージクラブ会員の方(キッズを想定)は、ANAお客様番号を入力してください。これによりマイレージが統合できそれぞれでポイントを獲得しても合計してくれます。
  • 職業や目的を選択してください。
  • 最後に本人確認書類をアップロードして完了となります。

nanaco利用

ANAプリペイドカード以外でもANAマイルがたまるカードがあります。例えば、nanacoはnanacoを使って100円あたり1ポイント獲得となりますが、500ポイント貯まると250ANAマイルに交換が可能となります。nanacoカードはとっても作りやすく、セブンイレブンで使いやすいカードですのでこういったものからポイ活をはじめるというのもいいと思います。

⇒詳細はこちら

nanacoポイントをANAマイルに交換する方法はこちら。

⇒詳細はこちら

楽天Edy利用

電子マネーの楽天Edyを使って楽天スーパーポイントを貯めることができます。楽天スーパーポイントも2ポイントあたり1ANAマイルへ交換することができます。

楽天のアカウントを持っているとお店(マクドナルドほか)で使うだけでなく、楽天ラッキーくじなどアプリをつかってポイントを増やすことができますのでゲーム感覚でポイ活できます。

⇒詳細はこちら

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換する方法はこちら。

⇒詳細はこちら

おまけ

誰でも20万マイルたまるANAマイルの貯め方完全ガイドです。

⇒詳細はこちら

せっかくでしたらホテル会員へも登録をしちゃいましょう!

⇒詳細はこちら