最強クレカ

ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)はポイントサイトと併用で圧倒的にANAマイルがたまるカード

おすすめ度:

ANA To Me CARD PASMO JCBカードについて紹介します。一般的には省略してソラチカカードと呼びます。

ANA To Me CARD PASMO JCBカードの基本情報

ANA To Me CARD PASMO JCBカードは、ANAと東京メトロとJCBが提携して出しているカードになります。ANAが空利用で東京メトロが地下利用のため、公式にソラチカカードと呼ばれています。このカードは一般カードの中でも交通系IC一体型カードに分類されていて、ANA航空券購入や東京メトロの利用だけでなく、ポイントサイトを使って圧倒的にANAマイルをためるのに有益なクレジットカードになります。

ANAマイルをためるのであればソラチカカードは必須のクレジットカードです。なおJCBカードを持っているとハワイ・オアフ島でワイキキトローリーのピンクラインに無料で乗車することができますのでハワイ旅には必須です。

年会費

ソラチカカードには初年度年会費無料特典があります。

  • 本会員:0円(初年度のみ)
  • 家族会員:0円(初年度のみ)

2年目以降継続する場合には年会費がかかります。

  • 本会員:2000円
  • 家族会員:1000円
年会費の他にOki Dokiポイントの10マイル移行を選んだ場合には、追加で5000円かかります。

このカードを持つメリットとデメリット

このカードを持つ最大のメリットはポイントサイトを利用して圧倒的にANAマイルを貯めるには1番のおすすめクレジットカードになります。圧倒的とは10万単位でマイルを増やすことが可能です。一般的に10万を貯めるには1000万円以上のクレカ決済が必要がありますが、このソラチカカードの能力を利用するとほとんど支払いをしなくてもANAマイルが貯まります。

メリットが大きすぎることもありデメリットは全くありません。強いて言うならこのソラチカカードをメインカードにしているような場合には、年会費2000円のほかに、OkiDokiポイントの10マイル移行を利用することがおすすめとなるために、さらに5000円が年間で必要となります。

使ってみた感想

良い点。

  • 現在21万マイル貯まっていますが、このマイルは飛行機にほとんど乗らずににこのソラチカカードの能力を使うだけで貯めることができました。貯まったマイルで特典ファーストや特典ビジネスを発券できたのもこのカードを持っているからになります。お金をかけずに旅で贅沢できるとても素敵なクレジットカードです。

悪い点。

  • なし。全くもって見当たらないです。

このカードの魅力

このカードにしかない特殊能力

ソラチカカードを持つべき最大の理由は、ポイントサイトでためたポイントを高還元率でANAマイルに交換できることになります。

ポイントサイトでためたポイントをメトロポイントに交換するとそこからANAマイルへ90%の交換率にて交換することが可能です。複数のポイントサイトでたまったポイントをこのメトロポイントへ集中させることでANAマイラーと呼ばれる人たちはマイルを増やしていきます。

その中で覚えておく必要があることが1点だけあります。それは毎月の交換上限が20000ポイントになります。90%の交換率となるため結果的には毎月18000マイルずつ貯まっていくことになります。

入会時の獲得ポイント

ソラチカカードの入会時に1000マイルをボーナスマイルとして獲得できます。1000マイルは実質10万円相当の決済が必要となるため年会費分の元はとれますよ。

継続時の獲得ポイント

ソラチカカードの継続時に1000マイルをボーナスマイルとして獲得できます。

ANAマイルへの交換

ソラチカカードで決済してたまったOki Dokiポイントは1ポイントあたり5マイルまたは10マイルに交換することが可能です。例として1,000円で1ポイントたまりますが、10万円の決済で100ポイントたまります。この100ポイントは事前のコース設定(選択)によって500マイルまたは1000マイルとなります。

交換手数料は5マイル移行については無料となります。一方、10マイル移行については交換にあたり年間で5000円(税別)の手数料がかかります。

10マイル移行の手数料5000円は、いつ申し込んでも毎年4月1日~翌年3月31日の期間となり、移行回数の制限はありません。

ポイントとマイルの有効期限

クレジットカードの決済で獲得したポイントの有効期限とANAマイルへ交換後のANAマイル自体の有効期限があります。

  • Oki Dokiポイントの有効期限:2年
  • ANAマイルの有効期限:3年

ポイント還元

決済で使うべき場面

ソラチカカードの1番のメリットはポイントサイトからのANAマイルへの交換ということで、日々の支払いで使うことがないかというとそういうわけでもありません。実は東京メトロの乗車でもメトロポイントはたまります。

平日は1乗車(片道)につき5ポイントたまります。往復で10ポイントたまります。さらに週末は3倍になりますので、片道15ポイントで往復30ポイントになります。平日の還元率はおよそ2.5%(1区間200円)で週末は7.5%にもなります。東京メトロを使うのであれば絶対使用することがおすすめになります。

1つだけ注意すべき点があります。東京メトロの定期利用ではこのメトロポイントはたまりません。つどつどの乗車利用の時にたまります。

決済で使うべきでない場面

ANA航空券購入については、ANA VISAワイドゴールドカードのほうが還元率が25%となるためソラチカカード(10%)を利用すべきではりません。

マリオットBONVOY系列のホテル宿泊については、SPGアメックスのほうが100円あたり18.5%と超高還元となるため利用すべきではありません。

付帯保険

ソラチカカードの付帯保険は自動付帯となっています。ただメリットはそこだけで付帯保険にの内容ついては期待すべきものではありません。

海外旅行傷害保険

海外旅行障害保険は最高1000万円となっていますが、死亡・高度障害のみとなっています。障害や疾病での治療については保険の対象外となっています。ソラチカカードをメインとしている場合には必ず海外旅行保険に入ることを検討しましょう。

国内旅行傷害保険

国内旅行障害保険も海外旅行障害保険と同様です。

お買い物安心保険

最高100万円を限度としてショッピングガード保険があります。自己負担1万円となっていますので注意しましょう。

カードの申し込み方法

公式キャンペーンとポイントサイトを利用した獲得ポイント数は?

公式キャンペーン

2019年2月現在、ソラチカカードへの入会と利用で最大38150マイルを獲得できる大型キャンペーンを実施中です。入会時のキャンペーンで38150マイルはこれまでの実績を通してもとても高いマイル獲得ですので良いタイミングと言えます。獲得条件は以下です。

  • 特典1:入会ボーナスマイルで1000マイルプレゼント
  • 特典2:入会&キャンペーン参加登録で500マイル相当プレゼント
  • 特典3:カード利用15万円以上で最大15000マイルプレゼント
  • 特典4:プライム会員としてANAカードファミリーマイル登録で500マイルプレゼント
  • 特典5:MyJチェック登録で最大1,200マイル相当プレゼント
  • 特典6:カード利用30万円以上で最大19,500マイル相当プレゼント
  • 特典7:500メトロポイントプレゼント(別途、ANA450マイルへの交換が必要)

このキャンペーンは以下の日程で行われています。

  • 2019年1月15日(火)~2019年4月30日(火)JCB受付処理分まで(以下の特典利用については2019年5月31日(金)まで)

⇒詳細はこちら

公式サイトにて詳細を確認してください。ただ、このまま公式サイトで申し込みをしてしまうととってももったいないです。ぜひ、次のハピタスキャンペーンを利用してください。

ハピタス

ポイントサイトであるハピタスを利用することでさらに5500ポイント(約4500マイル)を獲得することができます。4500マイル獲得するためにはショッピングの場合に45万円の決済(還元率1%のクレジットカードを利用)が必要となりますので、こちらを必ず利用することをおすすめします。

⇒ハピタス入会はこちら

ハピタス入会やお得な広告などを詳しく紹介しています。

⇒詳細はこちら

おまけ

ANAマイルの貯まるクレジットカードをおすすめ度とともに紹介しています。

⇒詳細はこちら

ハピタスからANAマイルへの交換ルートについて整理しています。

⇒詳細はこちら

ハピタスで貯めたポイントを2万ANAマイル以上に交換してみました。

⇒詳細はこちら