北米

グランドキャニオンに行ってパワーを補充【参考情報:ホテル・気温・洗濯】

2019年8月後半、グランドキャニオンに行ってきました。

この場所は毎回いろんな出来事があって思い出深い場所。

実は今回で3回目。

1回目は不安で不安でしかたがなかった初めてのアメリカ1人旅。

外人のおじいさんに騙されて100ドル取られた翌日で、半泣きしながらグランドキャニオンのロッジから家族に国際電話してたなあ。

複数財布を持っていて、うち1つに100ドルだけ入れておりこれしかなかったのである意味セーフ。

最初はATMでクレジットカードを使って下ろしてと言われたけど、クレカのパスワードなんてわからんかったので全く下ろせなかった。(自分にグッジョブ)

言葉巧みに助けてくれという人達には気をつけましょうね。

2回目は1回目のアメリカ1人旅での貴重な経験を息子にも体感して将来に役立ててほしいと思い2人旅で訪れた。

過去に訪れた場所へ騙された経験を持つ大人が一緒に行くことである程度安全に過ごせると踏んでの判断。

結果としては、行って本当によかった。

だんだんと息子と話す時間がなくなってきた中で、たくさんの話す機会と思い出になる貴重な体験が2人ともできた。

3回目はさらに2人旅の楽しい経験をみんなにも紹介したく、家族で訪れた。

なので、グランドキャニオンの飛び込んでくる迫力のある風景は同じでも、感じることが全く違う。

やっぱきて良かったな。

今回、グランドキャニオンに向かう途中に、スピード違反でおまわりさんに捕まるのは予定外だったけど・・・。

4回目があるとすれば、いつか孫達と訪れてみたい。

 

話を戻して、なんとグランドキャニオンのある国立公園ができて100周年となる記念の年。

さらにこの地を訪れたのがなんとできた日の8月25日。

ちょっとだけいいことが!

なので、体験談と参考情報を紹介していきますね。

以下のような内容を調べたい人にはおすすめの記事です。

  • 個人旅行でロッジの宿泊予約方法は?
  • 国立公園への入場料金は取られるのか?
  • 駐車場の料金は取られるのか?
  • ヤバパイロッジ(Yavapai Lodge)に宿泊する人
  • スーパーマーケットとかある?
  • 気温はどう?
  • 洗濯(コインランドリー)とかできるのか?

グランドキャニオン・サウスリムにあるロッジの予約方法

グランドキャニオンのサウスリム(インサイドナショナルパーク)にあるロッジの公式サイトでの予約方法ですが、2つに分かれましたね。

こちらがヤバパイロッジ(Yavapai Lodge)の公式予約ページです。

こちらが以下のロッジの公式予約ページになります。

  • ブライトエンジェル(Bright Angel Lodge & Restaurant)
  • エルタワー(El Tovar Hotel & Fine Dining)
  • カチーナ(Kachina Lodge)
  • サンダーバード(Thunderbird Lodge)
  • マスウィック(Maswik Lodge & Cafe)

これまでブライトエンジェルロッジに2回宿泊し、今回はヤバパイロッジとしました。

残念ながらブライトエンジェルロッジは空いてなかった。

パーク内のホテルは大人気なので半年前とかだと空いているところが少ない。

13ヶ月先まで予約が可能なのでお早目に予約しましょう。

支払いはクレジットカード。

  • アメリカンエクスプレス(American Express)
  • ディスカバー(Discover Card)
  • マスターカード(Mastercard)
  • ビザ(Visa)

予約時に一泊分の宿泊費をデポジットとして支払う必要があります。

キャンセルポリシーはこちらの公式サイトをご確認くださいな。

予約が完了するとメールが届きます。

  • チェックインは15時から
  • チェックアウトは11時
  • ゲストルームは全て禁煙
  • 1ドルの寄付が含まれる

グランドキャニオン国立公園の入場料金

グランドキャニオン国立公園の入園料金が車一台あたり35ドル。

徒歩・自転車・バスなどで入園する場合には、一人当たり20ドル。

一度支払いをすると7日間有効。

クレジットカードやデビットカードでの支払いが推奨されています。

そして自分たちが訪れたのは、2019年8月25日。

なんとこの日は、「National Park Service Anniversary」で無料になりました!!

ちょーラッキー。

無料になる日については公式サイトを見てね。

駐車場

園内のパーキングは基本無料。

空いている駐車スペースに停めましょう。

いわずもがな広いので移動する時は車だったりします。

つどつど最適な場所を見つけて駐車しよう。

ヤバパイロッジ(Yavapai Lodge)

宿泊日当日、ホースシューベントとアンテロープキャニオンの観光が終わってひたすらアメリカの道を走りつづけ、途中でスピード違反で捕まるもなんとかグランドキャニオン国立公園に入園。

宿泊するヤバパイロッジは最初にビジターセンターでチェックイン。

ちなみにこの時点で荷物を持ったらダメ。負けっす。

受付だけ済ませて、さらに車で移動になりますよ。

ヤバパイロッジのビジターセンターに入るとまあまあ人がいらっしゃいました。

なんでビジターセンターに人がたくさんいるのかというと、唯一 wifi が入るから。

各お部屋のあるロッジでは wifi は全く接続できません。

SNS とかやったり、観光について調べたりと大忙し。

チェックインの15時をすぎてすでに16時45分ごろ、無事自分たちもチェックイン完了。

まあまあ人はいたけど、それぞれグループだったので5分程度の待ち時間。

そうそうにチェックインが終わって、ビジターセンターと駐車場の向かい側には、ジェネラルストア(スーパーマーケット)があります。

ここでは食料やお土産などたくさん置いてあります。

ここのピザとホットドッグを買ってお部屋で食べたけど美味しかった。

グランドキャニオンビールの味はそうでもなかったな・・・。

お部屋のあるロッジまで車で移動し目の前の駐車場に駐車。

それでお部屋はこんな感じ。

きれい。

浴槽もきちんとあって、シャンプー、コンディショナーやボディーソープは備え付けのものがあったので楽チン。

ただ一つ残念だったのがトイレの水力がめちゃくちゃ弱かったのでなかなか流れない事態に・・・。

なお、お部屋の外を見るとこんな感じ。

いがいとこんな近くにシカさんがいらっしゃるなんて思わなかった。

グランドキャニオン

少し休憩したらグランドキャニオンをさっそく見るために移動。

車で移動中にもいろんなビューポイントでグランドキャニオンを見ていて、つどつど見せつけられる迫力のある景色に圧倒される。

少し夕日がかげってくるとコントラストがはっきりしてきてさらに迫力アップ。

車でブライトエンジェルロッジまで移動し、さらに素晴らしい景色を堪能。

パワーをもらえるね。

ひととおり堪能したら先ほどのスーパーマーケットで夕食のお買い物とクリーニングをすることに。

クリーニングはキャンプをするエリア(Camper Services)にでかいコインランドリーがありますよ。

めちゃくちゃたくさんの洗濯機と乾燥機がおいてあります。

コインへの両替機があったり、洗濯石鹸が売ってたりします。

ちょうど持ってきていたアリエールパワージェルがあったのでそれを使いました。

25セントコインもたっくさん残っていたのでそれを使ってしっかりと洗濯と乾燥しました。

途中部屋で食事をして取りに行ったので、結構夜に車で移動しました。

ほとんど街灯がないので車じゃないと不安でいっぱいになりますのでご注意を。

夜になって空を見上げるとたくさんの星がめちゃくちゃ近くに見えるので必見。

この日は疲れて早目に就寝。

次の日、ゆっくり起きてお散歩をすることに。

歩く人向けにトレールがきちんとあります。

ずっと歩いていくとこんな感じのところに出たり。

やっぱアメリカの国旗はかっこいいね。

朝見るグランドキャニオンもまたよろし。

そういえば気温の話をしていなかったけど、朝晩はやはり少し冷えるので長袖と長ズボンがあったほうがいいかなあ。

トレールの中は虫もいたりするので、走って逃げたりしてました・・・。

昼間はTシャツと短パンで問題なしでした。

ホピ族の方達が運営しているホピハウスでおみやげを物色。

すてきな感じの建物。

建物内もいい感じの雰囲気。

ロングTシャツを購入しました。

おみやげを購入しゆっくりしたら、フラッグスタッフ駅へと戻りました。

かなり元気になりました。

やっぱり来て良かったグランドキャニオン。

おまけ

アンテロープキャニオンに行ってわかった8つのこと【水・時間・トイレ・他】2019年8月後半、アンテロープキャニオンを観光しました! 行ったからこそ、わかったことを紹介します。 また、今回2回目とい...

グランドキャニオンに行ったら、合わせて絶対訪れてほしいアンテロープキャニオンです。

ホースシューベントに行ってわかった7つのこと【水・トイレ・予約】2019年8月後半、ホースシューベントを観光しました! 行ったからこそ、わかったことを紹介します。 以下のような内容を調べた...

ホースシューベントを見下ろす恐怖と迫力は半端ないです。

【TURO】アメリカでカーシェアを使ってわかった10のこと【保険・注意点】2019年8月後半、アメリカ・アリゾナ州フラッグスタッフへ旅行し、レンタカーではなくカーシェアのTURO(トウロ)を利用しました。 ...

アメリカではじまったカーシェアの「TURO」を使ってアンテロープキャニオン、ホースシューベント、グランドキャニオンをまわってみました。