最強クレカ

ヒルトン・オナーズVISAゴールドはホテル特典が最強なクレジットカード

おすすめ度:

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードについて紹介します。

ヒルトン系列ホテルに宿泊するなら、必須とも言えるクレジットカードになります。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの基本情報

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードは、ヒルトングループと三井住友VISAが提携して出しているカードになります。

このカードはゴールドカードの中でもホテル系カードに分類され、ヒルトングループホテル宿泊でヒルトン・オナーズ・ポイント(後述ヒルトンポイント)を貯めるのに有益なクレジットカードになります。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの魅力的な特典

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの素晴らしい特典を紹介します。

  • ヒルトンオナーズのゴールドステータスの自動付与
  • たくさんの有益なゴールド会員特典の獲得
  • 入会キャンペーン利用で最大1,7000ポイント獲得
  • 2年目以降の継続利用でボーナスポイント獲得
  • ヒルトン系列ホテル宿泊時のボーナスポイント獲得
  • ショッピング利用時のポイントの獲得
  • たまったヒルトンポイントのANAマイル(10ポイント=1マイル)への交換
  • 実質無制限となるポイントの有効期限(決済未使用の場合には1年)
  • 国内28空港で本会員と家族会員が空港ラウンジを無料で利用

ゴールド会員特典

ヒルトンゴールドカード発行や継続でヒルトン・オナーズ会員ステータスが自動でゴールドステータスになります。

ゴールドステータスになるとヒルトン系列ホテルの宿泊時に、

  • 可能なかぎりでの無料アップグレード
  • 2人目無料
  • 朝食無料
  • 会員専用チェックインカウンター利用
  • レイトチェックアウト
  • ボトル2本プレゼント
  • たまったポイントで無料宿泊への交換

などたくさんの特典を無料で利用できます。

このゴールド特典のおかげで、過去何度も一番お安い宿泊プランで予約して、ヒルトンハワイアンビレッジ・レインボータワーのオーシャンビューの部屋にアップグレードして頂いたことがあります。

ヒルトンVISAゴールドカードの年会費(年会費割引特典あり)

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードには、初年度に年会費無料となる特典はありません。

本会員と家族会員でクレジットカードを作成できます。

  • 本会員:14,150円 (税込)→ 7,550円(税込):2年目以降で割引最大化した場合
  • 家族会員:0円(1人目無料)、1,100円(2人目以降)

本会員は2年目以降継続する場合には、年会費割引特典を利用できます。

年会費割引特典は2つ。

  • カードご利用代金WEB明細書サービス:1,100円(税込)割引
  • マイ・ペイすリボをお申し込みおよび利用:5,500円(税込)割引

1つめは、「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用で本会員は1,100円割引となります。

ただ、1,100円割引となるには条件があり、過去1年間に6回以上の請求がある方が割引対象となります。

さらに2つめの「マイ・ペイすリボをお申し込みおよび利用」で本会員は5,500円割引となります。

こちら2019年3月の年会費の請求額です。

13,950円ではなく、7,470円となっています。

こちら消費税増税前(8%)の請求額ですので、ご容赦ください。

リボ払いで支払いをするのは絶対いやなのですが、リボ払いの設定自体をするのは年会費が安くなるため絶対やったほうがよいと思います。リボ払いの設定時に、カード利用枠の最大値(例:150万円)とリボ払い開始金額最大値(例:150万円)を全く同じ金額にすることで実質リボ払いにはなりません。

こちらの「マイ・ペイすリボをお申し込みおよび利用」について、2021年よりリボ払い必須となる条件変更について発表がありました。

2021年までは、実際にリボ払いをせずに、リボ払い設定だけで年会費割引特典を利用ができます。

ヒルトンVISAゴールドカードの特徴とポイント還元率

ヒルトンVISAゴールドカードのポイント還元率ですが、日々のショッピングの決済に利用して1,000円あたり10ポイントたまります。

また、ヒルトン系列ホテルの宿泊利用で、

  • 1ドルあたり10ヒルトン・オナーズ・ベースポイント獲得
  • 80%($1あたり18ポイント)のヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント獲得

の2種類のポイントが自動的に加算されます。

そして最大の特徴になりますが、ヒルトンゴールド カードを持っているだけで、ほとんど使わなくてもメリットを得られます。

ヒルトンゴールドカードを持っているだけで使わなくてよいという理由

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードは2018年にヒルトンポイントと航空系マイルのダブルディッピングが廃止されるという悲しいお知らせがありました。

ダブルディッピングは、ポイント&ポイントまたはポイント&マイルとダブルでたまるとてもよい会員特典プログラムです。

そのタイミングで航空系マイルをためたいユーザーはヒルトンカードを利用するメリットがなくなり、かくゆう自分もタンスカード(家に置いておくだけ)としてしまっておくことにしています。

そこでなぜ解約するのではなくタンスカードにしたかというと理由は2つあります。

  1. ヒルトンゴールド会員のステータスを維持するため
  2. ヒルトン系列ホテルの宿泊時にゴールド会員情報を登録しておけば、航空系マイルがたまるクレジットカードで支払っても同じだけのヒルトンボーナスポイントがたまり、ゴールド特典も同時に得られるため

この2つめの理由によってタンスカードとしても全く問題ありません。

ただ、ポイントの有効期限が決済未使用の場合には1年となってしまうため、少なくとも年に1度使用する必要があります。

ハワイのヒルトン宿泊で「ダブルディップ」特典をゲットしよう ワイキキエリアの宿泊先にヒルトン系列ホテルを選んだ方で、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード保有者またはヒル...

こちらの記事で、実際にハワイの「ヒルトン・グランド・バケーション・アット・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」というコンドミニアムに宿泊してゲットしたヒルトンポイントの証拠になります。

ヒルトンVISAゴールドカードの付帯保険

海外旅行傷害保険・国内航空傷害保険が自動付帯されますが、付帯保険については期待すべきものではありません。

海外旅行傷害保険

海外旅行障害保険は最高5,000万円となっていますが、自動付帯分は最高1,000万円で、利用付帯分は最高4,000万円となっています。

国内旅行傷害保険

国内旅行障害保険も海外旅行障害保険と同様です。

お買物安心保険

最高300万円を限度としてショッピングガード保険があります。

ヒルトンVISAゴールドカードの申し込み方法

2019年12月現在、三井住友ではヒルトン・オナーズVISAゴールドカードへの入会と利用で最大17,000ポイントを獲得できる大型キャンペーンを実施中です。

入会時のキャンペーンで17,000ポイントは、とても高いポイント獲得ですので良いタイミングと言えます。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードは公式サイトキャンペーン利用で17,000ポイント獲得

最大17,000ポイントの内訳は以下の通りになります。

  • 通常の入会特典:2,000ポイント
  • キャンペーン特典:15,000ポイント(利用特典)

2,000ポイントは、入会時の通常特典となります。

15,000ポイントは、入会期間中にヒルトン・オナーズVISAゴールドカードに新規入会のうえ、利用期間中に合計15万円(含む消費税等)以上の買物利用で獲得となります。

キャンペーン期間

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの入会キャンペーンは以下の期間となっています。

  • 【入会期間】2019年12月4日(水)~2020年2月29日(土)
  • 【利用期間】2019年12月4日(水)~2020年4月30日(木)

キャンペーン特典のボーナスポイントは、2020年6月末頃に加算されます。

入会ステップ

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの入会ステップは以下の2つです。

  1. 公式サイトにてヒルトン・オナーズの会員登録
  2. 公式サイトにてヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの申請

公式サイトにてヒルトン・オナーズの会員登録

ヒルトン・オナーズ公式サイトにて入会を行います。

ヒルトン・オナーズの入会はこちら>ヒルトン・オナーズ公式サイト

入会後、ヒルトン・オナーズ番号が発行となりますのでメモをとっておいてください。

公式サイトにてヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの申請

三井住友カードの公式サイトにて申請を行います。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの入会はこちら>三井住友カード公式サイト