iPhone整理術

【iPhone整理術】ポイ活でポイント交換のやり方をiPhoneに覚えさせておく方法

iPhone標準アプリの「ショートカット」を使って、ポイントサイトで貯めたポイントの交換がいつでもできるようなレシピを作成していきましょう。

そもそも、

  • ポイントサイト毎にポイント交換のルールや交換先が変わる
  • 陸マイラー活動をしているような場合に、複数のポイント交換サイトを利用する必要あり
  • ポイント交換はたまにしかしないこともあり、忘れがち
  • 忘れてもいいようにどこかに覚えさせておきたい

作成することの良い部分は、

  • 忘れてOK
  • 自分でやり方が確立できている安心な方法やルートを選択できる
  • パターン化できる
  • プログラミングの知識がなくても問題なし

考えないといけないことは、

  • 新しい交換ルートを利用する場合には設定の変更をする必要あり
  • このショートカットがなくなると多少あわてる・・・

ショートカットを利用したポイント交換レシピを紹介

はじめに、イメージを持つための出来上がりの紹介から。

「ショートカット」で作った「ポイント交換」レシピをタップすると、ポイントサイトやポイント交換ルート情報が表示。

自分の場合、陸マイラー活動がメインということもあり

  • ハピタス->ドットマネー
  • ドットマネー->JALマイル
  • ドットマネー->TOKYUポイント
  • TOKYUポイント->ANAマイル
  • ちょびリッチ
  • ワラウ
  • ポイントインカム
  • モッピー
  • ポイントタウン

を登録中。

一例として、ポイントサイトのハピタスからANAマイルに交換するまでのステップを紹介。

交換したいポイントサイトを選択。

ここでは、「ハピタス->ドットマネー」をタップすると、ハピタスのドットマネーに交換するサイトが表示。

確認が終わったら画面上部の左上にある「◀︎ショートカット」をタップ。

もう一度、最初に戻って「ポイント交換」レシピをタップ。

そこからさらに「ドットマネー->TOKYUポイント」をタップすると、ドットマネーのTOKYUポイント交換サイトが表示。

実際のポイント交換は、即時の場合でない限り最初の交換と別日時で行われるため、連続した動作(アクション)のレシピにはしていません。

確認が終わったら画面上部の左上にある「◀︎ショートカット」をタップ。

もう一度、「ポイント交換」レシピをタップ。

さらに「TOKYUポイント->ANAマイル」をタップすると、TOKYUポイントのANAマイル交換サイトが表示。

以上がポイントをANAマイルに交換する際のステップになります。

なお、ここで紹介したルートは、TOKYUルートといわれているもので、最終的に75%の交換率となります。今最も交換率の高いルートですね。

ショートカットを利用してポイント交換レシピを作ってみる

準備

準備するものは、

  • iPhone
  • ショートカットアプリ

あと必要なものは、

  • 登録するポイントサイト
  • そのポイントサイト内にあるポイント交換先のリンク情報

最近のiOSだとデフォルトで入っているショートカットアプリだけど、見当たらない場合は、App Storeで検索しておこう。

きら
きら
ホーム画面に配置しちゃってます。

全体の流れ

以下、2つのアクションを設定するだけでポイント交換ができるようになる。

  1. 「メニューから選択」で設定するポイントサイト名やポイント交換ルートの入力
  2. 「URLを開く」でそれぞれのURL情報をセットする

なお、メニューに登録したポイント交換先の数だけ「URLを開く」を使用する。

「ポイント交換」レシピの作成

では、さっそく「ショートカット」アプリをタップ。

「メニューから選択」で設定するポイントサイト名やポイント交換ルートの入力

ショートカットアプリが起動したら、マイショートカットの画面にて「+」をタップ。

「アクションを追加」をタップ。

スクリプティン(グ)をタップ。

「メニューから選択」をタップ。

メニューへポイントサイト名やポイント交換ルートを入力。

ここでは、

  • ハピタス->ドットマネーギフト
  • ドットマネーギフト->TOKYUポイント
  • TOKYUポイント->ANAマイル

と入力。

 

「URLを開く」でそれぞれのURL情報をセットする

「+」をタップ。

スクリプティングの右側にある「X」をタップ。

「Web」をタップ。

「URLを開く」をタップ。

「メニューの結果を開く」の箱を長押しをして、「ハピタス->ドットマネーギフト」と「ドットマネーギフト->TOKYUポイント」の間へ移動。

「+」をタップ。

「URLを開く」をタップ。

「メニューの結果を開く」の箱を長押しをして、「ドットマネーギフト->TOKYUポイント」と「TOKYUポイント->ANAマイル」の間へ移動。

「+」をタップ。

「URLを開く」をタップ。

「メニューの結果を開く」の箱を長押しをして、「TOKYUポイント->ANAマイル」と「メニューの終了」の間へ移動。

ここからは事前に準備したURL情報を貼り付けていく。

まずは、「ハピタスー>ドットマネー」のURLをコピー。

1つめの「URL」をタップし貼り付け。

「ハピタスドットマネーー>TOKYUポイント」のURLをコピー。

2つめの「URL」をタップし貼り付け。

「TOKYUポイントー>ANAマイル」のURLをコピー。

3つめの「URL」をタップし貼り付け。

名前をつけて出来上がり

「次へ」をタップ。

「ショートカット名」を入力。

ここでは「ポイント->マイル」と入力。

つづいてアイコンをタップ。

好きなカラーを選択。今回はピンク。

つづいてアイコンのマークを「グリフ」をタップして設定。

終了したら「完了」をタップ。

「ポイント交換」レシピの動作確認

「ポイント->マイル」をタップ。以下の赤枠あたりをタップ。

「ハピタス->ドットマネーギフト」をタップ。

ドットマネーのポイント交換サイトが表示したら、「◀︎ショートカット」をタップして戻る。

ショートカットに戻ったら、「ドットマネーギフト->TOKYUポイント」をタップ。

ドットマネーのTOKYUポイントサイトが表示されたら、「◀︎ショートカット」をタップ。

ショートカットに戻ったら、「TOKYUポイント->ANAマイル」をタップ。

TOKYUポイントのANAマイル交換サイトが表示されたらテスト完了。

「ポイント交換」レシピをホーム画面に追加

「ポイント->マイル」の右側の「…」をタップ。

「ポイント->マイル」の右側の「…」をタップ。

「ホーム画面に追加」をタップ。

「追加」をタップ。

「完了」をタップ。

「完了」をタップ。

ホーム画面の「ポイント->マイル」をタップして最終確認テストを行って完了。

感想

ポイント交換自体、数ヶ月に1回程度の頻度のためどうしてもやり方を忘れてしまう。

ブログをみたり、お気に入りを探したりとしていたが、このレシピを作ったことによって、いつでも簡単に交換できるようになった。

何度もやったことのある方法で登録しているので、安心して交換ができるのもよいところ。

楽ちんす。

まとめ

忘れてもポイント交換がいつでもできるようにする方法は、iPhone標準アプリの「ショートカット」を利用してレシピを自作すること。

以下の2つのアクションを登録することで簡単にできあがり。

  1. 「メニューから選択」で設定するポイントサイト名やポイント交換ルートの入力
  2. 「URLを開く」でそれぞれのURL情報をセットする