iPhone整理術

【iPhone整理術】ポイ活(クーポン)とPay払いを簡単にできる方法

iPhoneの標準アプリ「ショートカット」を利用して、ポイ活(クーポン)とPay払いが簡単にできちゃう設定をしていきましょう。

そもそも、

  • ポイントサイト毎にアプリが異なる
  • Pay支払い会社毎にアプリがある
  • お得なクーポンも使いたい
  • スマホの中でアプリを探し回る
  • ライブラリAppでアプリの整理はできるようになった
  • アプリの切り替えがかなり面倒
  • ポイ活しながらPay払いを簡単にできないかな?

できる事と良いところは、

  • ポイ活しながらPay支払いが簡単になる
  • それぞれのアプリを探さなくてもよく、アプリの切り替えが簡単
  • クーポンのもらい漏れを減らすことができる
  • プログラムの知識はゼロでOK

できない事と考慮が必要なところは、

  • 完全自動化ができるわけではない
  • ポイ活とPay払いについて、ショップ毎に自分ポリシーを決めておく必要がある
  • ショートカットアプリからそれぞれのアプリを起動できるようになることで、それぞれのアプリがどこに行ったか不明になる(App Storeからアプリ起動)

ショートカットを利用したポイ活とPay支払いの簡単設定とは

はじめに、こんなことができるよというのを紹介。

iPhone標準アプリの「ショートカット」で作った「ポイ活&Pay払い」をタップすると、クーポンまたはポイントのもらうことができるお店やポイントサイト情報が表示。

自分の場合、

  • セブンイレブン
  • クリエイト
  • 楽天ポイント加盟店
  • Pontaポイント加盟店
  • Tポイント加盟店
  • マルエツ
  • ファミリーマート
  • マクドナルド

ちょっとずつ追加していったらこんな感じになりました。

ここで例えば、セブンイレブンをタップすると、「セブンイレブン」アプリが立ち上がります。

無料(割引)クーポンを出したり、バーコードをお店の人に読み取りしてもらいましょう。

読み取り完了したら、スマホ画面左上部の「ショートカット」をタップ。

きら
きら
この時に時間がかかったりすると、ショートカットのタイムアウトになったりします。もう一度「ポイ活&Pay払い」をタップすることで再度動き出します。この作業はちょっと面倒なのですが、現在のiOSではタイムアウト後もう一度起動するのは仕方がないです。

スマホ画面左上部の「ショートカット」をタップしたら、Pay支払い一覧が表示します。

ここで好きな支払い方式を選択します。

自分の場合、

  • QUICPay
  • 楽天ペイ
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Kyash

で支払いができるようにしています。

今回は、QUICPayを選択。

QUICPayをタップすると、Walletに入ったアメックスのQUICPayが起動するので、レジで支払いを済ませましょう。

ということでこれを作ると、クーポン・ポイ活とPay支払いを連動してできるようになります。

普段、アプリを探すのが面倒だったり、お店によってPayの支払いを変えているような場合に、こういう仕組みを作っておくのがらくちんです。

ショートカットを利用したポイ活とPay支払いの簡単設定をやってみる

準備

まずは準備として、

  • ポイ活(お店でクーポン)アプリ
  • Pay支払いアプリ

を選定しておきましょう。

設定は「ショートカット」アプリで行います。

「ショートカット」アプリは、

  • iPhone の iOS 13から標準アプリ
  • 一連の動作を自動化できる

という特徴あり。

アプリが見あたらない場合は、App Storeで検索。

きら
きら
自分の場合、使用頻度が高いためホームトップ画面に配置済み。

さっそく「ショートカット」アプリをタップ。

全体の流れ

以下、5つの動作(アクション)を使うことにより、ポイ活(クーポン)とペイ支払いが可能に。

  1. 「メニューから選択」で複数のポイ活アプリ(クーポン)名を入力
  2. 「Appを開く」で対象のアプリを起動
  3. 「戻るまで待機」で、対象アプリの確認(レジ読み取り)が終わるのを待つ
  4. 「メニューから選択」でPay支払いアプリ名を入力
  5. 「Appを開く」で対象のアプリを起動

ここでの一番のポイントは、「メニューから選択」を2回利用して、1回目はポイ活アプリの選択、2回目はPay支払いの選択を行うところ。

実際に自作アプリを作ってみよう

「メニューから選択」で複数のポイ活アプリ(クーポン)を入力

「すべてのショートカット」の中に、「マイショートカット」があります。

なお、「ギャラリー」をタップするとおすすめのショートカットを教えてくれますが、いまいち用途不明なものが多いです。

「マイショートカット」のままで、右上の「+」をタップして作り始めます。

「アクションを追加」をタップ。

「スクリプティン(グ)」をタップ。

「メニューから選択」をタップ。

ポイ活サイト、クーポンサイトの名前を入力。

デフォルトでは2件ですが、それ以上必要な場合には「新規項目を追加」の「+」をタップすることで3件以上の入力が可能。

今回は、

  • セブンイレブン
  • クリエイト

を入力。

これで1回目の「メニューから選択」は完了。

「Appを開く」で対象のアプリを起動

ひきつづいて2つめの動作を設定。

「+」をタップ。

スクリプティング内を一番上までスクロールアップし、「Appを開く」をタップ。

「選択を開く」の箱を長押しして、セブンイレブンとクリエイトの間に移動。

長押しをすることで移動できるようになります。

「選択(うすく表示)」をタップ。

スクロールをしてアプリを選択。

今回は、「セブンイレブン」アプリを選択。

メニューに入力した数分、「Appを開く」の動作を追加する。

「+」をタップ。

スクリプティングの「Appを開く」をタップ。

「選択を開く」の箱を長押しして、クリエイトとメニューの終了の間に移動。

「選択(うすく表示)」をタップ。

アプリを選択。

ここでは「クリエイトSD」を選択。

これで2つめの動作設定は終了です。

「戻るまで待機」で、対象アプリの確認(レジ読み取り)が終わるのを待つ

3つめの動作を設定。

「+」をタップ。

「戻るまで待機」をタップ。

これで3つめの動作は完了。

「戻るまで待機」は、メニューで選択したアプリの確認(お店での読み取り)が終わるまで待つという意味です。

ただ、長時間たつとタイムアウトになってしまうのがたまにきず。再度、自作アプリをタップして起動させましょう。

「メニューから選択」でPay支払いアプリ名を入力

「+」をタップ。

「メニューから選択」をタップ。

Pay支払い方法をメニューに入力。

今回は、

  • QUICPay
  • 楽天ペイ

の2つを登録。

「Appを開く」で対象のアプリを起動

「+」をタップ。

スクリプティングの右横にある「X」をタップ。

QUICPayは、スクリプティングの中にはありません。注意ください。

「App」をタップ。

「Wallet」をタップ。

「American Expressカードを開く」をタップ。

「American Expressカードを開く」の箱を長押しをして、QUICPayと楽天ペイの間に移動。

「+」をタップ。

「Appを開く」をタップ。

「選択を開く」の箱を長押しし、「楽天ペイ」と「メニューの終了」の間に移動。

「選択(うすく表示)」をタップ。

「楽天ペイ」アプリを選択。

以上で、ショートカットの作成は完了。

名前をつけて自作アプリの作成完了

「次へ」をタップ。

ショートカット名の入力。

ここでは「ポイ&ペイ」。

つづいてアプリのアイコンをタップ。

カラーで好きな色を選択。

ここではピンクを選択。

つづいて「グリフ」を選択して、マークの選択。

もしアイコンを写真などにしたい場合は、もう少し下で解説しています。

ここでは「スマイル」を選択し、「完了」をタップ。

「完了」をタップ。

自作したアプリの動作テスト

自作したアプリを起動。

ここでは、「ポイ&ペイ」をタップ。写真の位置あたりをタップすること。

「…」はもう少し下で解説しています。

ポイ活(クーポンゲット)として「クリエイト」をタップ。

クリエイトエスディーアプリが正しく動作することを確認。

ポイントカードを表示してみよう。

確認が終わったら左上の「◀︎ショートカット」をタップして自作アプリに戻る。

ペイ支払い一覧から「楽天ペイ」をタップ。

楽天ペイが正しく動くことを確認。

全てのポイ活(クーポン)とペイ支払い方法の動作確認を行ってくださいね。

注意点としては、

  • 正しくアプリが起動しない場合、アプリの選択が間違っている

ことが考えられます。

自作アプリをホーム画面に登録

ホーム画面を登録するために、「ポイ&ペイ」の右横にある「…」をタップ。

「…」をタップ。

「ホーム画面に追加」をタップ。

「追加」をタップ。

もし、アプリのアイコンを写真に変えたい場合には、「ホーム画面の名前とアイコン」をタップすると写真を選べます。」

「完了」をタップ。

iPhoneのホーム画面に自作アプリが出来たら、タップして動作確認をしていきましょう。

ここでは「ポイ&ペイ」をタップ。

「セブンイレブン」をタップ。

セブンイレブンのアプリが正しく起動したらOK。

「◀︎ショートカット」をタップ。

 

「QUICPay」をタップ。

アプリが正しく起動したら完全完了。

まとめ

ポイ活(クーポン)とペイ支払いを簡単にする方法は、iPhone標準アプリの「ショートカット」を利用して自作する方法。

以下の5つの動作(アクション)を登録すること。

  1. 「メニューから選択」で複数のポイ活アプリ(クーポン)選択
  2. 「Appを開く」で対象のアプリを起動
  3. 「戻るまで待機」で、対象アプリの確認(レジ読み取り)が終わるのを待つ
  4. 「メニューから選択」でPay支払いアプリを選択
  5. 「Appを開く」で対象のアプリを起動

今回のポイントとしては、「メニューから選択」を連続で使うこと。

以上で、ポイ活&ペイ支払いを簡単にできちゃう方法の解説は終了です。

一度設定してしまえば、あとはすごく簡単です。

お店でおろおろすることもなくなりますよ。

それと、クーポンを必ずゲットできたりする副次的なメリットもありますね。では。