マイルを貯める

陸マイラー活動はぶっちゃけ何をしたら何マイル貯まるのか?

きら
きら
今回は、
すでに貯まったのか?ぶりっこさん
すでに貯まったのか?ぶりっこさん
「陸マイラー活動って全体がよくわからないんだけど、それぞれ何をしたらどれぐらい貯まるの?」
きら
きら
そんな相談にお答えします!

陸マイラー活動の心得や準備が整ってきたところで、陸マイラー活動をはじめるにあたり、その全容を把握したり、何をしたら何マイル貯まるとかおおまかなイメージを持つことはとっても重要です。

おおまかなイメージを持つことで今行なっている取り組みがどれぐらいの結果になるのかと予想ができるようになってきます。

細かい作業を繰り返しても思ったほど貯まらなかったりするので、ただただモチベーションを下げるための取り組みになりがちです。手間のかかるところは効率化を考えながら勝手に貯まる方法を模索し、一撃で貯まる効果的な方法に注力していきましょう。

ちなみに今回紹介する方法は全て自分で実行済みでもあるため、おおよその獲得マイル数というのは現実的なものと考えていただいて問題ありません。

一方、ある日とつぜん、大型キャンペーンが始まったり、改悪がおきたりと変化もおきますのでつどつど起きる出来事に合わせて柔軟に対応していきましょう。

航空会社のマイルを貯める方法

航空会社のマイルを貯める方法は、おーきく考えて2つの方法に分類できます。

  • 直接的にマイルを貯める
  • 間接的にマイルを貯める

直的的にマイルを貯めるとは

マイルを貯める活動をすることで航空会社のマイルが直接貯まることを示します。

一番簡単な例では、ANAマイレージクラブ会員に登録し、ANAの航空券を予約し飛行機に搭乗すると距離に応じてANAのマイレージが増えます。

間接的にマイルを貯めるとは

直接的にマイルが貯まるわけではないのですが、活動を行なって最終的にマイルになることを示します。

もっとわかりやすい例で説明すると、楽天でポイントを貯める活動をして楽天ポイントが貯まったら、そのポイントを最終的に航空会社のマイルに交換しちゃいましょうという取り組みです。

この例では楽天ポイントを貯める活動(ポイ活)というのが直接的な作業になるのですが、ポイ活をすることで、マイルに交換することができたりします。

間接的な方法はポイントを貯めるというだけでもたくさんの種類がありますが。他の方法もあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますのでこれより具体的に説明していきます。

直接的にマイルが貯まる方法

飛行機搭乗

航空会社のチケットを購入して搭乗することでマイルが貯まります。

一回の搭乗で貯まるマイルは、

  • 国内航空券:基本マイル(数百マイル)+ボーナスマイル(数百マイル)
  • 国際航空券:基本マイル(数千マイル)+ボーナスマイル(数百マイル)

です。

距離や運賃種別によって変化しますが、感覚的に貯まるマイルはこのぐらいとなります。

航空系クレジットカード決済

航空会社がクレジットカード会社と提携して提供しているクレジットカードを利用して決済した際にマイルが貯まります。

一回の支払いで貯まるマイルは。

  • 航空系会社クレジットカード決済:数マイル〜数十マイル

です。

クレジットカードのグレードの違いや提携している会社によって還元率は異なり、貯まるマイル数も変化します。こちらの例は100円で1マイル貯まる想定としています。

航空会社の提携ホテル利用

航空会社がホテルと提携して宿泊時にマイルが貯まります。クレカ決済で貯まるものとは別にボーナスマイルとして獲得できます。

一回の支払いで貯まるマイルは。

  • 航空系会社提携ホテル利用:数百マイル〜数千マイル

です。

航空会社とホテルの提携先によって貯まるマイルは全く異なります。また、宿泊プランによっても変動します。この方法は、数千マイル貯まるプランもあるため見つけたら早めに押さえましょう。早い者勝ちです。

航空会社の提携レストラン利用

航空会社がレストランと提携して食事でマイルが貯まります。クレカ決済で貯まるものとは別にボーナスマイルとして獲得できます。

一回の支払いで貯まるマイルは。

  • 航空系会社提携レストラン利用:数十マイル〜数百マイル

です。

航空会社とレストランの提携先によって貯まるマイル数は全く異なります。また、食事プランによっても変動します。

航空会社のマイレージモールでショッピング

航空会社がインターネット上でモールを展開しておりそこでお買い物をしてマイルが貯まります。クレカ決済で貯まるとは別にボーナスマイルとして獲得できます。

一回の支払いで貯まるマイルは。

  • 航空会社マイレージモール利用:数マイル〜数十マイル

です。

航空会社のマイレージモールが提携しているショップと購入金額によって貯まるマイルは全く異なります。各航空会社はアマゾンや楽天などの有名なショップとも提携しており、ネットショッピングでボーナスマイルが貯まります。

航空会社と提携している旅行口コミサイトで投稿

航空会社が旅行口コミサイトと提携して旅の口コミを書くとマイルが貯まります。

一回の口コミで貯まるマイルは。

  • 旅行口コミサイトで投稿:数十マイル

です。

旅行口コミサイトによって貯まるマイル数とその月で獲得できる最大のマイル数は異なります。。

間接的にマイルが貯まる方法

ネットショッピングで獲得したポイントをマイルへ交換

ネットショッピングを展開しているネット通販会社を利用して獲得したポイントを航空会社のマイルに交換してマイルが貯まります。

一回の支払いで貯まるマイルは、

  • ネット通販会社の利用(通常時):数マイル〜数十マイル
  • ネット通販会社の利用(大型キャンペーン時):数百マイル〜数千マイル

です。

各ネット通販会社によって獲得できるポイント数は異なります。またポイントのマイル交換レートについても各社異なります。

大型キャンペーンと記載しましたが、各ネット通販会社は年に何回も大型キャンペーンを行なっていますのでそのタイミングを利用しましょう。

ホテル宿泊の決済でホテル提携クレジットカードを利用しポイントをマイルに交換

ワールドワイドで展開しているホテルチェーンは、それぞれで会員プログラムを提供しています。

会員プログラムに登録して宿泊利用することでポイントは貯まりますが、その支払いをホテル提携のクレジットカードで決済するとさらにポイントを貯めることができます。

一回の支払いで貯まるマイルは、

  • ホテル会員宿泊で決済(ホテル提携クレジットカードなし):数十マイル〜数百マイル
  • ホテル会員宿泊で決済(ホテル提携クレジットカードあり):数百マイル〜数千マイル

です。

ホテル提携クレジットカードありなしによって獲得できるポイント数は異なります。またホテル会員のステータスによっても獲得できるポイント数は異なります。

またポイントからマイルへの交換レートについては各社によって異なります。

ホテル提携クレジットカードを持っているのであれば宿泊時に同系列ホテルの公式サイトから予約および宿泊をすることで大量のマイルが貯まります。ぜひお試しください。

ポイントサイトの広告利用と条件達成による獲得したポイントのマイルへの交換

ポイントサイトの広告を利用することでマイルが圧倒的に貯まります。

一回の達成で貯まるマイルは、

  • ポイントサイトの広告利用と条件達成(ショッピング):数マイル〜数十マイル
  • ポイントサイトの広告利用と条件達成(大型ポイント獲得案件):数千マイル〜数万マイル

です。

ポイントサイトの案件の種類によって獲得できるポイント数は異なります。

また、選ぶポイントサイトによってもポイントからマイルへの交換率が全く異なります。1ポイントが1マイルに近くなるポイントサイトを選びましょう。ポイントサイト選びは重要な要素です。

ポイントサイトの広告利用は、数万になる場合もあるためチャンスを見てトライしましょう。みんなトライをしていますので、そのコメント等を見て判断することがコツになります。

もちろん獲得ポイントが万単位になることで条件達成が難しくなる場合もあります。その場合にも同じ陸マイラーのどなたかが(もちろん私も)共有してくれていますので、参考にしましょう。

ブログ運営で獲得したポイントをマイルへ交換

ブログの作り方によりますが、ブログ運営でポイントが貯まりそのポイントをマイルへ交換できます。

一回の達成で貯まるマイルは、

  • ブログ運営でポイント獲得:数万マイル

です。

ブログをどういう風に展開していくか(マネタイズの方法が重要)でポイントの貯まり方は異なります。

また、この方法が一番困難ではありますが、有益な情報をタイムリーに提供できることで読者から多くの信頼を得られればその対価としてびっくりするぐらい貯まります。私のほうもまだブログ運営ではずっとやってこられた高いスキルを持つ人には及びませんが、10万ポイントを超えるポイントを獲得できています。

おまけ

ハワイの特典航空券を欲しいと思ったら知るべきことを紹介しています。

⇒詳細はこちら

2020年に向けてこれから陸マイラー活動をするための心得を紹介しています。

⇒詳細はこちら

陸マイラー活動を開始するのに一番最初にやることを紹介しています。

⇒詳細はこちら

陸マイラー活動を開始して二番目にやることを紹介しています。

⇒詳細はこちら