マイルを貯める

陸マイラー活動を開始するのに一番最初にやること

きら
きら
今回は、
早く走り出したいぶりっこさん
早く走り出したいぶりっこさん
「陸マイラー活動の心得はわかったわ!じゃあ、何から始めたらいいの?早く教えて!」
きら
きら
そんな相談にお答えします!

陸マイラーの心得を理解したら何から始めればいいのでしょうか?

まず一番最初に始めるのは、航空会社のマイレージ会員の登録になります。

私のおすすめとしてはハワイ・オアフ島(ホノルル)に直行便のある航空会社のマイレージクラブに登録することです。

それはなぜか?理由は簡単です。日本人に人気があるからです。人気があるので情報が多くマイルの貯まる情報に行き着くのがかなり早いんです。

ちなみにですが、私は現在、ハワイ航路のある航空会社を含め以下のマイレージクラブに会員登録をしています。

  • 全日空(以降ANA)
  • 日本航空(以降JAL)
  • デルタ航空(以降デルタ)
  • ユナイテッド航空(以降ユナイテッド)
  • ハワイアン航空(以降ハワイアン)
  • チャイナエアライン
  • エティハド航空

日本人に大人気!ハワイ(HNL)に直行便のある航空会社

ハワイ直行便の出ている航空会社一覧は以下のとおりです。

項目名 成田 羽田 関空 中部 福岡 札幌
ANA
JAL
デルタ
ユナイテッド
ハワイアン
大韓航空
エアアジア

今回はその中でもおすすめな3つの航空会社のマイレージクラブを紹介します。

他の航空会社もありますが、情報もかなり少なく初心者の陸マイラー活動には向きません。やっぱりいきおいよく気持ちよくマイルを貯めたいですしね。

ANA

笑顔が素敵なANAです。ANAはマイルを貯める情報が抜群に多くて実際に貯まりやすいので、一番のお気に入りです。

おかげさまで特典ファーストや特典ビジネスも発券できました。

ANAの特徴としては、

  • エアバスA380就航に伴いハワイ路線の特典航空券がようやく取りやすくなりました。
  • スターアライアンスに所属するためユナイテッドなどの特典航空券も発券可能です。
  • 羽田空港と成田空港からハワイ・オアフ島への直行便が出ています。
  • ポイント交換の提携先が多いです。大規模のところでは楽天やセブンイレブンのnanacoなどがあります。
  • 陸マイラーからのおすすめ情報が圧倒的に多いです。

JAL

笑顔の素敵なJALです。JALはマイルを貯める情報もANAの次に多くて貯まりやすいので、二番目のお気に入りです。

JALは最初お固いイメージを持っていたのですが、実際に乗ってみるとそんなことはなく、さらには遊び心のあるマイルの使い方(どこかにマイルでどこかに行こう)企画とかが充実しているので国内旅行用で利用したりしています。

JALの特徴としては、

  • エアバスA380就航前ではANAよりJALのほうがハワイ路線の特典航空券が取りやすいという状況でした。
  • ワンワールドに所属しています。またハワイアン航空(所属なし)とのコードシェアをしているのでハワイアン航空の特典航空券をJALのマイルを利用で発行することができます。
  • 成田空港と関西空港と中部国際空港からハワイ・オアフ島への直行便が出ています。
  • ポイント交換の提携先が多いです。大規模のところではAmazonなどがあります。
  • 陸マイラーからのおすすめ情報が多いです。

デルタ

最高に笑顔が素敵なデルタです。デルタはマイルが貯まりやすいということ以外のところでお気に入りな部分があります。

デルタは一時期、デルタの提携しているクレジットカードを持つことで自動で上級会員になることができていて、米国内の航空機でファーストクラスに乗ったり、いろんな場所のラウンジを行きまくったりしていました。かなり楽しかったですね。

デルタの特徴としては、

  • 特典航空券が取りやすいという印象はありません。
  • 一方、マイルに期限がないためずっと貯めておくことが可能です。
  • スカイチームに所属しています。大韓航空も同じスカイチームです。
  • 成田空港と関西空港と中部国際空港と福岡空港からハワイ・オアフ島への直行便が出ています。
  • デルタの提携するクレジットカードを発行することで自動で上級会員となり、デルタスカイクラブ(ラウンジ)を利用したり、自動でアップグレードなど特典を利用することができます。特典は前と比べて少しずつ改悪しています。

その他の航空会社

ハワイ・オアフ島への直行便が出ている航空会社は他にユナイテッド、ハワイアン、大韓航空、エアアジアです。

エアアジアについてはLCCですので、マイレージプログラムのようなものはないかと思いきやBIGポイントがあります。日本ではあまり馴染みがありませんが、羽田・関空・新千歳からクアラルンプールまでBIGポイントを使って行くことも可能です。ただ貯め方の情報などは少ないです。

⇒詳細はこちら

会員登録にあたって知っておくべきこと

会員登録をすると専用のお客様番号または会員番号が発行となります。この番号は問題がでない限り(不正利用や盗難など)継続利用できます。

また、今後このお客様番号(会員番号)を持っている中でクレジットカードを発行したりする機会もでてくるかと思います。

そのときのために2つお知らせしておきます。

  • メインとなるお客様番号を利用できます。
  • マイル口座を統合できます。

新たなカードを申し込みにするときに入会申込書に発行済みの会員番号を記入することで、その番号をメインとして利用することができ、それまで貯まっていたマイルを引き継ぐことができます。

簡単に言うと、新しいクレジットカードに昔貯めたマイルの情報がきちんと入るということです。

また、カードを複数枚持つような場合に同じ航空会社で複数の会員番号を持つことも出てきます。その際、申請が必要となりますが、同一名義のカードを複数枚所持している場合に限り、マイル口座をひとつにまとめることができます。

ということで、最初に早いタイミングでマイレージ登録を行っておけば、のちのちきちんとその情報も引き継いでいけるということになります。

マイレージ会員への入会

ある日突然美味しい情報が空からふってきます。その情報の価値がなくなる前に会員登録など事前にできる準備をしているということはいがいと重要です。

入会する航空会社は最初に3つ入っておくといいとは思いますが、もちろん取捨選択していただいても問題ありません。

ANA

ANAマイレージクラブは入会費および年会費は無料です。ANAの公式サイトよりANAマイレージクラブ新規入会を行います。ANAマイレージ会員用にアプリもあります。

⇒入会はこちら

JAL

JALマイレージバンクは入会費および年会費は無料です。JALの公式サイトよりJALマイレージバンク新規入会を行います。JALのアプリもあります。

⇒入会はこちら

デルタ

デルタスカイマイルは入会費および年会費は無料です。デルタの公式サイトよりデルタスカイマイル新規入会を行います。デルタのアプリもあります。

⇒入会はこちら

おまけ

ハワイの特典航空券を欲しいと思ったら知るべきことを紹介しています。

⇒詳細はこちら

2020年に向けてこれから陸マイラー活動をするための心得を紹介しています。

⇒詳細はこちら