北米

【カリフォルニア・ナパバレーのワイナリー巡り】スパークリングワイン編

きら
きら
今回は、
いつのまにソムリエめざしてたのぶりっこさん
いつのまにソムリエめざしてたのぶりっこさん
「カリフォルニア・ナパバレーにはじめて行こうと思っているのですが、おすすめのスパークリングワインのワイナリーはどこですか?」
きら
きら
そんな相談にお答えします!

カリフォルニア州にあるサンフランシスコ国際空港(SFO)からレンタカーで1時間程度でナパバレーにあるワイナリーの入り口に到着します。

細かくはベイブリッジ経由だと1時間程度ですが、ゴールデンゲートブリッジ経由だと1時間10分程度になります。

せっかくレンタカーを借りたのでしたらぜひゴールデンゲートブリッジにも立ち寄ってみてください。ゴールデンゲートブリッジの展望台から見るサンフランシスコの街並みやアルカトラズ島などかなりの迫力を感じることができると思います。

話をもどしまして、カリフォルニアにあるナパバレーはアメリカ一有名なワインの生産地となっています。行ったことがある人はわかりますが、朝や夕方は少し肌寒いぐらいの場所でぶどうを育てるためには絶好の場所です。

各ワイナリーは、ナパバレーの各エリアにたっくさん点在していますので、行くならば事前に作戦をたてて訪れることをおすすめします。

ワインが好きなこともあって私も10回ぐらいは訪れています。最初はとにかく有名なワイナリーをできるだけ多く回るようなことをしていました。なんかもったいなくって。

ただ訪れるごとに好きなワイナリーとそうでもないワイナリーに分類できるようになって、現在ではお気に入りのワイナリーを2つ3つほど必ず訪れるのと、はじめて行くワイナリーを1つ2つ選んで行くようになっています。

定番の体験とまだ見ぬ憧れへの体験を楽しんでいます。

今回は、ワインの中でもスターターとして人気のスパークリングワインのワイナリーを紹介します。たくさん紹介してもしようがないので、おすすめの2箇所を紹介します。

ナパバレーのワイナリー巡り:スパークリングワイン編

ナパバレーのワイナリーというとワイン好きの誰もが最初にあたまに浮かぶのは、オーパス・ワン(OPUS ONE)やベリンジャー(Beringer)かと思いますが、最初はスパークリングワインから体験していただきたいです。

ワインの飲み方はもちろん自由ですが、日本から飛行機で移動してきてまだ日が浅い状態で重いワインを飲むとガツンときます。まずは軽めのものからじょじょに重めにしていくのがいいと思います。

せっかくのワイナリーめぐりですからね。

スパークリングワインのいいところは飲み口が軽いのはもちろんなのですが、まず見た目がすごくいいです。

縦に長いワイングラス越しに綺麗なワインの色と炭酸がシュワシュワしているのを見ていると、そのうしろにナパバレーの大地が広がって見えます。飲む前から来てよかったと思うにちがいありません。

ナパのワイナリー巡りおすすめその1:マーム・ナパ

スパークリングワインを楽しむために最初に訪れていただきたいのはマーム・ナパ(MUMM NAPA)になります。

マームナパはNAPAの少し奥のほうにあります。ただセントヘレナの町の手前ですのでそんなに奥ではありません。サンフランシスコ国際空港からは1時間30分程度かかります。

こちらのテスティングは、屋外のパティオでブドウ畑のすばらしい景色を見ながらワインを楽しむPatio & Tasting Salon、オークテラスでゆったりとした雰囲気でワインを楽しむOak Terrace Tasting、ワイン造りのプロセスを1時間かけて楽しむWinery Tourの3種類あります。

Patio & Tasting Salon

時間:AM10:00〜PM6:00
価格:$28〜$35
予約:事前予約をおすすめします。

Oak Terrace Tasting

時間:AM10:00〜PM6:00(5月〜10月に利用可能、11月〜4月はDevaux Loungeでのテスティング)
価格:$45(ゲスト)、$36(クラブメンバー)
予約:事前予約必須

Winery Tour

時間:AM11:00、PM1:00、PM3:00
価格:$50(ゲスト)
予約:事前予約をおすすめします。

マーム・ナパを最初に紹介したのには理由があります。はじめてナパバレーにワイナリー巡りをするときに、いきなりハードルの高いテスティングよりも、テスティングを簡単にゆっくりできる場所を紹介したいなと思ったからです。

マーム・ナパでのテスティングは、受付で予約をすると順番が来たら声をかけてくださいます。席もきちんと割り当ててくれるため落ち着いて試飲することが可能です。

また、テスティング用のスパークリングワインの見た目もすごく綺麗でインスタ映えすること間違いなしです。

マーム・ナパのテスティングに関する事前予約は公式サイトで行なってください。

⇒詳細はこちら

ナパのワイナリー巡りおすすめその2:ドメーヌ・シャンドン

日本で一番有名なナパバレーのスパークリングワインだと思います。シャンドンとかチャンドンとか聞いたことありませんか?

ドメーヌ・シャンドンは、NAPAの中央ぐらいの位置にあるスパークリングワインを専門としたワイナリーです。サンフランシスコ国際空港(SFO)からは、1時間20分程度になります。シャンドンワイナリーは、敷地が広いので駐車場から建物まで数分歩きます。

こちらのシャンドンは世界で展開していることもあり建物や試飲スペースは非常に大きいです。

こちらのテスティングは、様々な体験ができる予約必須のHosted Tastingと気軽に参加できるDaily Tastingの2種類あります。

Hosted Tasting

時間:AM10:30、PM12:30、PM2:30のいずれかになります。
価格:$40(他に税金やサービス料金が必要)
予約:事前予約必須です。

Daily Tastings

価格:$20〜$35(試飲できるワインの種類によって価格が異なります。)
時間:AM10:00〜PM4:30
予約:必要ありません。

Daily Tastingsは海外の方達にも大人気でおそらく訪れる時はいつも混雑していると思います。また、このワイナリーのテスティングスペースは基本スタンディングになっているので、前述のマーム・ナパのようにゆっくりワインを楽しむという感じではありません。

じゃあ何がいいかというと、こちらのテスティングのおすすめは実はスタッフさんとの会話です。とても気さくなスタッフさんたちなのでどこかかしこで盛り上がっています。

もちろん英語が流暢であるにこしたことはありませんが、そんなにうまくなくてもお酒の席ということもあり、いきおいとボディランゲージで楽しめると思います。

ドメーヌ・シャンドンのテスティングに関する事前予約は公式サイトで行なってください。

⇒詳細はこちら