spgアメックス

SPGアメックスとANAゴールドのクレカ2枚持ち【生活費で使い分け】

きら
きら
今回は、「SPGアメックスとANAゴールドのクレカ2枚持ちをして、特徴を活かして生活費の支払いで使い分ける」という課題を解決します。

ポイ活や陸マイラー活動を通して、生活スタイルがキャッシュレスになるというのは、かなりあるあるです。

何かあったときのためにお財布に紙幣を入れていますが、まったく使わないなんてこともよくありますね。

そんな生活に浸透してきたキャッシュレスですが、一番の中心になっているのはクレジットカードでの生活費支払いだと多います。

今回は、生活費の支払いをそれぞれの特徴に合わせて、お得なクレジットカードを複数枚使い分ける方法を紹介していきたいと思います。

今回、紹介対象とするクレジットカードは、SPGアメックスとANAゴールドになります。

この記事では、こんなことを知りたいなと思っている方におすすめな内容となっています。

  • ANAゴールドカードの特徴
  • SPGアメックスカードの特徴
  • 特徴を活かした使い分け方を理解
  • 特に生活費の支払いの使い分けをマスターする

SPGアメックスとANAゴールドのクレカ2枚持ちでそれぞれの特徴をいかして生活費の支払いを使い分け

SPGアメックスとANAゴールドのクレカ2枚持ちをしたときの、おすすめな使い分け方法について紹介します。

この2枚のクレカは、生活費の支払いをするときにも力を発揮します。

生活費は固定費と変動費に分類され内訳はこんな感じ。

ご存知のとおりクレジットカードにはそれぞれ特徴があります。

SPGアメックスは、固定費の支払いでポイント還元率が半分またはなしとなる場合があるものの、ポイント還元率が1.25%となるため、他のゴールドカードよりも獲得できるポイントが多くなります。

さらにSPGアメックスのよいところは、40社以上の好きな航空会社のマイルへ交換が可能となっているところです。

一方、ANAゴールドは、使い勝手がよく変動費でも固定費でもベースとなるポイントは、還元率1%となります。

ANAゴールドの中でも、ANA VISAワイドゴールドカードの場合には、さらにボーナスポイント還元率が高くなります。

還元率は、マイ・ペイすリボなしで、ステージV3で1ボーナスポイントをソラチカルートを利用して4.05マイル獲得で1.243%まで上がります。

ANAゴールドのマイルの交換はANAのみとなっています。

SPGアメックスとANAゴールドの2枚を生活費の支払いにそれぞれ利用することで、お得度はぐーんとあがります。

きら
きら
生活費の中を固定費と変動費で分けて、クレカ2枚をそれぞれに振り分けることで、ポイントをたくさんためています。

おそらくここでみんなが不思議に思うであろうことは、ANAマイルを貯めるだけなのであれば、なぜANAゴールドの一本化にしないのかということだと思います。

一本化せず分散化している理由は、リスクの分散とお得度を広範囲に広げたいという理由です。

リスク分散は、ANAマイル以外のマイルにも交換してみたい気持ちがまあまああるのと、一部のポイントの有効期限を無限にしたいというところです。

お得度の範囲拡大は、SPGアメックスでポイントを獲得すると、ポイントを使ってマリオット系列ホテルでポイント宿泊のチャンスもできてくるという部分です。

きら
きら
簡単にいうとよくばりなんです。

生活費の中で固定費の支払いをANAゴールド使用

固定費の内訳は前述のとおり、電気料金、ガス料金、水道料金、通信料金、保険費用、税金があります。

  1. 電気料金、ガス料金、通信料金については、事前にANAゴールドを登録することで、毎月支払いができます。
  2. 水道料金については、Yahoo!公金支払いを利用することで、クレカ支払いが可能になります。その支払いをANAゴールドに設定しておくことが可能です。
  3. 保険費用については、口座引き落としのタイプが多いとは思いますが、種類を選べばクレカ支払いが可能です。
  4. 税金についても同様で、自動車税はYahoo!公金支払いでのANAゴールド支払いが可能です。
  5. さらに確定申告や予定納税で支払う「申告所得税及復興特別所得税」は、国税クレジットカードお支払サイトを利用することで支払いが可能です。

なお税金の中でも固定資産税については、クレカ支払いができないため、nanacoでの支払いが一番いい方法になります。

ただ、2019年は、じぶん銀行VISAデビットカードを使って5万円の支払いで1万円のキャッシュバックという超大型キャンペーンを行なっていたので、5万円分の支払いはこちらを利用しました。

生活費の中で変動費の支払いをSPGアメックス使用

変動費の内訳も前述のとおり、食料費、家具/家事用品、被服費、趣味/娯楽費、諸雑費、こづかい(使途不明)、交際費があります。

変動費については、お店で購入することもネットで購入することも、どっちも柔軟に利用していきましょう。

最近では変動費にあげたものは、たいがいアマゾンか楽天で購入することも可能です。もちろん商品の公式サイトでの購入も可能です。

お金の普段づかいをSPGアメックスにすることでポイントを集中して貯めることが可能です。

最近では、なんとかペイが世の中を席巻していますが、SPGアメックスは、Apple Payとして後払い式のスマホ決済も可能です。

チャージをしなくてもいい点とスマホで決済できるのでおサイフを必要としません。

SPGアメックスとANAゴールドの特徴比較

ここからはSPGアメックスとANAゴールドの特徴を比較することで、さらなる理解を深めていただくことを想定しています。

クレジットカード概要

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは特典を1番楽しめる最強クレジットカードおすすめ度: スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードについて紹介します。一般的には省略してspg...

SPGアメックスは、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードが正式名称になっています。

現在、SPGはマリオットBONVOYグループに統合となり、SPGアメックスで決済することによりマリオットBONVOYポイントが貯まります。

ANA VISAワイドゴールドカードはANAマイルをためるなら必要不可欠なクレジットカードおすすめ度: ANA VISAワイドゴールドカードについて紹介します。飛行機の搭乗や日々のショッピングなどでANAマイルをためるに...

ANAゴールドの正式名称は、ANA VISAワイドゴールドカードで、ANAと三井住友VISAが提携してクレカを発行しています。

ANA VISAワイドゴールドカードは、ANA航空券の発券と搭乗で距離(マイル)に応じたフライトマイルと25%ものボーナスマイルが貯まります。

また税金や光熱水道費の支払いでもポイント還元率が下がらないというメリットもあります。

ANAマイルを貯めるのであれば、陸マイラーに人気のANA VISAワイドゴールドカードを発行しておくのがいいでしょう。

入会キャンペーンと特典

SPGアメックス入会キャンペーン

SPGアメックス入会キャンペーンは、直接アメックス公式サイトで申し込むか、友達紹介キャンペーンを利用した上でアメックス公式サイトから申し込むかで、獲得できるポイントが大きく変わります。

  • 直接公式サイトで申し込みの上条件達成で、33,000ポイント獲得できます。
  • 友達紹介キャンペーンを利用してから申し込みをして条件達成で、39,000ポイント獲得できます。

6,000ポイントも差があり、この際は現金20万円相当にもなるので、可能な限り友達紹介キャンペーンを利用しましょう。

もしまだ、SPGアメックスお持ちでなければ、私からも紹介は可能です。スマホまたはPCどちらかを選んで申し込みください。

スマホからのspgアメックス申し込み方法を全て説明します 今回は「スターウッドプリファードゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード(通称:spgアメックス)」の...
PCからのspgアメックスの入会方法をゼロから説明します。今回は旅必須アイテムの「スターウッドプリファードゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード(通称:spgアメックス)」のPCを使った場合...
きら
きら
SPGアメックスをメインカードとして利用されている陸マイラーのみなさんがたくさんいらっしゃいます。そういう私も。

ANAゴールド入会キャンペーン

こちらのキャンペーンは終了済となっていますのでご注意ください。

2019年6月時点では、ANA VISAワイドゴールドカードに関するキャンペーンはありません。

きら
きら
まさかのお得な入会キャンペーンが現在ありません。

ANA JCBワイドゴールドカードとANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのキャンペーンは実施中です。

⇒詳細はこちら

年会費

SPGアメックスの年会費は、本会員は31,000円(税別)、家族会員は15,500円(税別)です。

ANAゴールド(ANA VISAワイドゴールドカード )の年会費は、本会員は14,000円(税別)、家族会員は4,000円(税別)です。

SPGアメックスの年会費無料の特典はありません。

ANAゴールド(ANA VISAワイドゴールドカード )の年会費無料の特典はありませんが、年会費を安くすることができます。

ANAゴールドの2年目以降、年会費割引特典を利用することで、本会員は9,500円(税別)、家族会員は2,500円(税別)まだ下がります。

年会費割引特典ですが、

  • 「WEB明細」の利用で1,000円割引。
  • 「マイ・ペイすリボの利用」で3,500円割引。(実質リボ払いをしなくても割引可能)

⇒詳細はこちら

ポイント還元率とマイル交換

SPGアメックスのポイント還元は、

  • ショッピング:3ポイント/100円獲得。
  • マリオットBONVOYホテルの宿泊:18.5%のポイント還元。

さらに獲得したポイントをマイルに交換すると、3ポイントあたり1マイルになります。

一方ANA VISAワイドゴールドのポイント還元率は、

  • ショッピング利用:1ポイント/1,000円獲得。
  • ANA航空券:2マイル/100円

ANA VISAワイドゴールドカードの利用で貯まったポイントのマイル交換は、1ポイントあたり10マイルとなります。

ポイントの有効期限

SPGアメックスで貯めたマリオットポイントの有効期限は、決済を続ける限り実質なし。

ANAゴールドは、決済で獲得したポイントの有効期限とANAマイル自体の有効期限があります。

  • ポイントの有効期限:3年
  • ANAマイルの有効期限:3年

付帯保険

SPGアメックスの付帯保険は、

  • 海外旅行障害保険は、自動付帯と利用付帯を合わせて最高1億円。
  • 国内旅行障害保険は、利用付帯で最高5,000万円。
  • お買い物安心保険は、年間最高500万円。

ANAゴールド(ANA VISAワイドゴールドカード)の付帯保険は、

  • 海外旅行障害保険は、利用付帯で最高5,000万円。
  • 国内旅行障害保険は、利用付帯で最高5,000万円。
  • お買い物安心保険は、年間最高300万円。

となっています。

SPGアメックスとANAゴールドの特徴まとめ

特徴まとめ SPGアメックス ANAゴールド
入会キャンペーン 紹介キャンペーンと条件達成で39,000ポイント獲得 現在はなし
入会特典 マリオットBONVOYゴールドエリート自動付与(各種特典あり)

2年目以降の無料宿泊特典の獲得

入会および継続で毎年2,000マイル獲得
本会員の年会費 31,000円(税別) 14,000円(税別)

2年目以降、年会費割引特典を利用により9,500円(WEB明細、マイ・ペイすリボ設定)

家族会員の年会費 15,500円(税別) 4,000円(税別)

2年目以降、年会費割引特典を利用により2,500円(WEB明細、マイ・ペイすリボ設定)

年会費無料特典 なし なし
ポイント還元 ショッピング利用:3ポイント/100円

マリオットホテル利用:18.5%(6ポイント/100円+12.5ポイント/USD)

ショッピング利用:1ポイント/1,000円

ANA航空券購入:2マイル/100円

マイル交換 1マイル=3ポイント 10マイル=1ポイント
ポイント有効期限 実質なし(利用なしの場合:1年) ワールドプレゼントポイント:3年

ANAマイル:3年

海外旅行障害保険 自動付帯+利用付帯で最高1億円 利用付帯で最高5,000万円
国内旅行障害保険 利用付帯で最高5,000万円 利用付帯で最高5,000万円
お買い物安心保険 年間最高500万円 年間最高300万円
その他の補償 不正プロテクション、カード紛失・盗難の場合の再発行、オンラインプロテクション、ショッピングプロテクション、リターンプロテクション、キャンセルプロテクション なし

SPGアメックスとANAゴールドのクレカ2枚持ちの使い分けまとめ

生活費の支払いでSPGアメックスとANAゴールドを使い分ける場合、

  • SPGアメックスは変動費(食料費・家具/家事用品・被服費・趣味/娯楽費・諸雑費・使途不明のこづかい・交際費)の支払い
  • ANAゴールドは固定費(電気料金・ガス料金・水道料金・通信料金・保険費用・税金)の支払い

の使い分けがとってもお得になります。

きら
きら
自分ルールを決めてルーチンワークのようにポイントを貯める方法がおすすめになります。